NISAで配当をもらうETF郎の記録

2022年に700万、理想目標として1000万を目指して運用していきます。NISAの非課税枠でETF(上場投資信託)を積み立てて資産を形成します。個別株やFXに手を出さないことが家訓です。最近住宅ローンに興味あり。

銘柄紹介・考察

5%を超える高配当銘柄を中心にETF(上場投資信託)を紹介します。

ETFのデメリット|個別株・投資信託・債券とメリットデメリットを比較

ベンチマークと同じ値動きをするよう設計されてはいますが、全く同じ値動きをすることは不可能なので、その差がかい離となります。かい離率が高いとリスクになりますので、国内ETFはかい離が起こらないよう定められており、一定以上になると上場廃止となりま…

【S&P500ETF比較】VOO・IVV・1557・1655それぞれのメリットデメリットとは

各種S&P 500ETFを経費率で比較するとVOOやIVVが突出しており第一候補となります。私のような小額投資かつNISAでの購入の場合は1557や1655という選択もアリなのではないでしょうか。

【PFF】iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETFは優先株に分散投資で利回り6%弱

iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF(PFF)は6%近い高い分配金利回りと安定的な値動きが魅力です。 しかし、現状私はポートフォリオに組み入れていません。ここでは、扱いが難しいPFFの考察をしていきます。

【SPYD】SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETFは高配当株に分散投資で利回り4%弱

5月16日、中国との貿易摩擦で株価、ドルが下がったところでSPYDを22株買い増しました。住宅購入を予定しており、移住用といえど国内不動産に投資するわけですから、国内不動産セクターを減らしたいと考えています。ここでは、SPYDの銘柄紹介と考察をしていき…

【1496】iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(H有)は利回り3%弱で安定的

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(H有)は、ドル建てで投資適格社債へ分差投資できる国内ETFです。先進国国債を上回る利回りと、リスクとリターンのバランスが魅力的な商品です。利回りは3%弱でローリスク・ローリターンともいえるでしょう。

【1566】上場インデックスファンド新興国債券は利回り6%弱が魅力

上場インデックスファンド新興国債券は、隔月でもらえる分配金の高さが魅力です。債券といえど、新興国の為替レートや米国債券の影響をもろに受けますので、値動きは大き目です。しかし、分配投資をすることである程度のリスク分散は行えますし、株と比べる…

【3455】ヘルスケア&メディカルを買いました【利回り6%超え!】

Jリートは高い利回りが魅力です。その中でも、ヘルスケアに特化している3455の成長を見込んでいます。チャートの形を見て、決算の直前は買いにくいと判断してこのタイミングで買い入れしました。持ち株の国内関連比率が高くなってしまったので、今後、先進国…

【1497】iシェアーズ 米ドル建ハイイールド社債ETF(H有)は利回り5.1%

本日の4月8日が権利付最終日でしたので、20株買い増しました。私のポートフォリオは、現在国内と新興国の投資比率が高くなってしまっており、米国をはじめとする先進国の割合を増やす目的です。長期保有するかどうかは様子見ですが、ある程度のリスクは許容…

インフラファンドのカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)は配当利回り7%超え!

インフラファンドのカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人(9284)は分配金が7%を超える高利回りが魅力です。私も1口投資しています。単純に配当利回りを計算すると7.19%となります。インフラファンドとは、J-REITの太陽光発電施設が投資対象になっている…